定期預金の金利

基本的に定期預金の金利は長期間預ける方が高くなるように設定されています。普通に考えると10年間預けたままにしていた方がお得だと思いますよね??しかし、インフレや金利の変動に備え、半年や1年間の短期間の定期預金にする方が、リスクに柔軟に対応できるといわれています。


将来、景気が回復して定期の金利が今よりも上がることも考えられますし、インフレでお金の価値が相対的に下がり、受け取る額面は増えても、それが現在と同等の価値であるとは誰も保証できませんから...


ですので、定期預金は、短期型を上手に利用するのも賢い方法のひとつです。ネット定期は、少ない金額を預けても大手都市銀行の定期預金よりも金利が高いですし、預入期間も満期が1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月と、1年未満の商品もあります。


そして、何と!2週間で満期がくるネット定期預金もあります。『新生銀行の超短期型定期預金』です。


ある程度まとまったお金を普通銀行に預けている方で高金利を望んでいる方や満期になったお金があって、次の運用を考えている間、預金しておきたいと言ったにはオススメです。万が一の出費に備えた預金などにピッタリの定期預金ですよ。


普通預金の手軽さでお得な金利で預けたい方にオススメ!



預け入れ期間が長い定期預金だと、急な金利の変動があった場合など、損をしてしまうことがあるかもしれません。普通預金の10倍近い金利が設定されている、『新生銀行の2週間満期預金』なら様子を見ながら預金が可能です。高金利の新生銀行のネット定期で賢く運用しましょう。>> 新生銀行の2週間満期預金の詳細はコチラ



定期預金の利子にかかる税金

定期預金で得た利息には、もちろん税金がかかります。 利息に対して20%(所得税15%、地方税5%)の税金がかかり、一律に源泉分離課税扱いとなります。


源泉分離課税とは、確定申告が不要とされる課税システムのことです。銀行等の利息の支払者が支払いの際に税額分を源泉徴収し、国庫などへ納めまる制度です。 そのため利息を受け取る側は一切の納税手続が不要です。



ページ先頭へ戻る


Copyright (C) 2009 教えて!定期預金 ~金利比較とおすすめネットバンク~. All Rights Reserved.