定期預金の種類

定期預金は金利のレートが決まっている固定金利タイプと市場の金利動向に連動して金利が変動する変動金利タイプの2種類があります。現状では、あらかじめ金利が決まっていて、受取額を把握できる固定金利タイプの商品方が人気があり、ほとんどの商品が固定金利タイプを採用しています。


多くの銀行では預け入れする金額が300万円以下をスーパー定期、300万円以上1千万円以下をスーパー定期300、1000万円以上を大口定期と呼んでいます。


現在、300万以上の定期預金で人気の商品は、『新生銀行のパワーステップアップ預金』ですね。
最短3年の最長10年満期で3年目以降毎年、新生銀行の判断で期間がのびると金利があがるという仕組みで、300万円の預け入れで最長の10年まで延長すると、約329万円にもなります。


パワーステップアップ預金は、店頭や電話で申し込み場合は、一口300万円以上からですが、「ネットなら何と!一口30万円以上」で始めることができるんです。まとまったお金を、少しでも増やしたいという方にオススメのネット定期といえますね。


なお、預け入れの金額や期間も商品によってさまざまで、いろんなタイプの定期預金があるので、資金額や利用する予定に合わせて選ぶのが良いでしょう。


一般的に言えることは、預金する金額が多ければ多いほど、預金している期間が長ければ長いほど金利のレートは高くなっていきます。商品にもよっても変わってきますが、期間は最短で2週間から最長で10年まで利用できます。


大口定期は、銀行が破綻してしまった場合、預金保険制度一人あたり元本1000万円とその金利までしか保証されませんから、1つの銀行に対し、預け入れの上限は1000万円までとするのがいいかもしれませんね。


まとまったお金を少しでも増やしたいという方にピッタリのネット定期!

■ ある程度まとまったお金を預けたままにしていたら、いつのまにか貯まっていた。

■ 普通預金の金利には、ほとんど期待してないけど金利はできれば高いほうが良い。

■ 預金の満期になったが次の運用予定はないので、とりあえず銀行に預けておきたい。


こんな方にピッタリなのが、『新生銀行のパワーステップアップ預金』です。銀行の判断で預金期間が伸びると金利が上がる「円仕組預金」で、始めの3年間は通常の円定期預金(3年もの)より高い金利が得られます。3年後以降1年毎に、新生銀行の判断で期間が最長で10年までの延長があります。



パワーステップアップ預金は、比較的シンプルな仕組預金となってますので、幅広い方に利用できる商品です。インターネットであれば30万円から取引できるので、次の運用を考える間、とりあえず預けて、少しでも金利を得たいという方にオススメのネット定期ですね。>> 新生銀行のパワーステップアップ預金の詳細はコチラ



ページ先頭へ戻る


Copyright (C) 2009 教えて!定期預金 ~金利比較とおすすめネットバンク~. All Rights Reserved.