仕組み定期預金

仕組み定期預金とは、通常の定期預金とは違って、金利が高めに設定されています。 何故かというと、定期預金とデリバティブ取引等との組み合わせによる商品のため、一般的に途中解約が出来なかったり、途中解約時に元本割れが発生する定期預金だからです。


簡単に説明しますと、通常、定期預金は満期が決められていますよね。しかし、インフレなど経済情勢の変化などによる市場金利の動向に応じて、銀行側が満期の期間を変更する権利を持つのが『仕組み定期』なのです。


仕組み定期預金の最低預入額は、10万円~、30万円~、100万円~、300万円~など、最短預入期間は、2年、3年、4年、5年など、さまざまな商品があります。ネット銀行の仕組み預金では、『住信SBIネット銀行』や『新生銀行』の商品がその代表といえます。


仕組み定期は、リスクの高いデリバティブ取引も組み合わされているため、そのリスクから、利率は高めに設定されるのですが、市場金利の動向により、満期時期が延長する場合があるため、「満期特約付き円定期預金」とも呼ばれています。


なお、満期特約付き円定期預金は、市場の動向に関わらず、契約当初の金利は保証されますし、満期まで運用した場合は元本が保証されます。


商品の性格上、一度預け入れをしたら、満期まで絶対にそのままにしておくことの出来るお金でないと仕組み定期預金には向いていません。


ネットなら30万から!期間が延びると金利が上がる仕組み定期預金

新生銀行の仕組み定期預金・パワーステップアップ預金なら3年間は通常の円定期預金より高い金利が得られます。3年後以降1年毎に、新生銀行の判断で期間が最長10年まで延長。満期まで待てば、元本保証、固定金利、貯金保険対象となります。


外貨預金や投資信託など価格変動のリスクがある商品などを持っている方など、資産の一定割合は
守りの資産』として元本保証の円預金で運用するのもいいですね。


パワーステップアップ預金は、比較的シンプルな仕組預金となってますので、幅広い方に利用できる商品です。インターネットであれば30万円から取引できるので、次の運用を考える間、とりあえず預けて、少しでも金利を得たいという方にオススメのネット定期ですね。>> 新生銀行のパワーステップアップ預金の詳細はコチラ



円定期+特約通貨で高金利を実現した仕組み定期預金

住信SBI銀行の仕組み預金・コイントス は、元本の払戻通貨を円貨、または、特約通貨に決定する権利を住信SBI銀行に付与する代わりに、高金利を実現させました。 (※注:預け入れ側から、この預金の元本の払戻通貨を決定する権利はありません。)



コイントスは「円貨」で預入れしますが、満期時の元本の受取りが、特約により「円貨」もしくは「外貨(特約通貨)」のいずれかとなる、満期時の元本通貨が変動する預金商品です。なお、利息は必ず「円貨」で支払われます。


この預金は預金保険制度の対象でもあります。なお、特約の実行によって、満期日に元本を特約通貨に交換し、外貨普通預金に振替えた場合には、預金保険制度の対象外となります。 >> 住信SBI銀行の仕組み預金・コイントスの詳細はコチラ



ページ先頭へ戻る


Copyright (C) 2009 教えて!定期預金 ~金利比較とおすすめネットバンク~. All Rights Reserved.